« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月27日 (火)

いろんな冬

1月24日(土)
今日はお休み、とりあえず西山に行こう。新雪と雪吊りが絵になるかも。。。Resize0339Resize0338 Resize0340

そうだ、あさりさんが言ってた、コハクチョウ見に行こう。優雅な白鳥の舞が見れるかも。Resize0341Resize0342Resize0343  

陶芸館に日本庭園があったなぁ~  新雪の庭園。これはいい被写体になるぞ。Resize0344Resize0345Resize0346_2   

そうだ、ついでに越前海岸に出よう。 冬の荒波は、きっと見るものが~Resize0347 Resize0337 Resize0349 Resize0350 Resize0351 Resize0352 Resize0353 Resize0354

最後にサンセットビーチまで行きましたが、すごい砂嵐、浜辺に出るのもやっと、サーフィンしてる人、いるわけないよね。。。

2009年1月23日 (金)

バリ旅行記 ②

1月11日 曇り 
記録的な大雨だったらしい、バリの市内は至る所で洪水、あとから知ったのですが、インドネシアで、フェリーが沈没250人行方不明 あの嵐だったんです。
バリは雨だけですみましたが、ガイトさんいわく、20年以上経験がないくらいの豪雨だったらしいです。
でも、朝になると、雨がやむんですよね。この日も終日降る事はありませんでした。
予約を入れておいた、バロンダンスを見にいきました。バリ島と言えば、バロンダンスとかケチャダンス。民族舞踊ですね。
目の動きが独特で、目力を撮りたいと思っていたのですが、意外と狭い場所で、暗い
ストロボたいている人もいましたが、ここは感度を上げ。。。どれもこれも、いい写真ないなぁ~

本来はマリーンスポーツをやるべく、防水カメラまで用意したのですが、天候の関係で断念、せめて気球からバリの景色を。。
がぁーん。。。。悪天候のため上げられないそうです。いい天気じゃん、青空見えてるじゃん。。。また楽しみがぁ~   続くResize0318Resize0316

バロンダンス

バリのおねぇちゃんと記念撮影

午後4時のチェックアウトには、3時間ちょっとあるが、のんびりしよう。
ホテルのガーデン、海岸を散歩、明日の夕方は寒い福井かぁ~もう2,3日いたいなぁ~Resize0320 Resize0321Resize0323_2 Resize0324 Resize0325 Resize0326   

ホテルの中の様子

4時にJTBのバスが迎えにきた。といっても、飛行機の出発は夜中の1時、今からケチャダンスと最後の晩餐
車は一路、ウルワトゥ寺院へ、猿いっぱいResize0327Resize0328Resize0329   

陽がインド洋に沈む頃ケチャダンスの始まり、物語は5部構成になっており、ケチャダンスは、他の躍りと違い、ガムランなど楽器を使った演奏はありません。
楽器のかわりにダンスの輪の男性達が、ケチャケチャ・ケチャケチャ言い続けるのです。
このア・カペラは、かなり迫力がありました。Resize0330Resize0331 Resize0332 

すっかり陽が暮れて空は赤く染まり、踊りも幻想的。実は、あまり期待してなかったのですが、ケチャダンスは想像以上に面白かった。みんな上の方に、夕焼けは上の方が良かったのですが、一番前で見たかった。これ本音。。。

余韻冷めあらぬなか、最後の晩餐となるレストランへ。シーフード料理らしい、あまり期待していなかったのですが、浜辺の砂の上での食事、海は暗く白い波と波音が印象的、テーブルの明かりはカンテラのみ、ロマンチックな演出なんだけど、何食べてるかようわからん。。。Resize0335 Resize0334

みんなで乾杯、 長男君と二人でショット

食事が終われば、バリでの楽しかった全ての日程が終わり、そのまま空港に行くだけ、

楽しかった思い出に、酒もすすむ。また、一緒にどこか行こう。。グァム、沖縄、行くところはいっぱいあるさ、そんなたわいも無い話に。。。あぁ~終わったかぁ。もう一日居たいな。

今回のツワーの案内をしてくれたマヤさん、いい人だった。みんな御なごり惜しそうに、

さよなら、また会おうね、いつか、きっと。。。。。。。

Sampai Jumpa Lagi 又会う日まで、 Resize0336Resize0333

10000m上空の朝焼けとお月様、綺麗でした。

2009年1月17日 (土)

バリ旅行記 ①

  1月8日快晴
今日から憧れのバリ旅行だ、午前10時30分福井を出発、一路関空へ。
17時40分JAL715便、ほぼ満員の日本人を乗せバリへ、バリ到着12時 
7時間の空の移動にぐったり。今日は早くホテルで寝たいよ。。。
ところが、入管手続きが遅い、係員ものんびり苛立ちすら感じる。お国柄かなぁ~
バリハイアットホテルまでの移動30分、いろいろ説明をロビーで受け、就寝は2時30分

1月9日雨のち雲
朝6時、スコールの雨音に起される。スコールも10分ぐらいで治まり、
今度は鳥のさえずり喧しくてねてられませんわぁ~
7時、ホテルのガーデン、海岸を散歩、日差しは無く曇り空、福井の梅雨時を想像する。
Resize0303 

8時、朝食バイキング

9時、いよいよ、バリの観光開始、JTBの30人乗りぐらいのバスに9人貸しきりだぁ~やたら、バイクが多い。バイクや車だけ見てれば日本みたい、ほとんど日本製 トヨタが目立つ平均的賃金が25000円ぐらい、バイクは10万、車は200万、家は200万ぐらいだそうです。とても、車は高価ですよね。。納得納得。。いきなり、お土産屋さんに2軒。。はやから何も買わんよ。。Resize0309 Resize0304

車はキンタマーニ高原へ、ライステラスを見物、段々畑、棚田ですね。

バトゥール山とバトゥール湖の見えるレストランでランチ、となりのテーブルに座った3人の外人、親子連れ、娘さんがめっちゃ綺麗。そこで、英語の堪能なHALは声をかけたね。娘さんを撮らせてほしいってね。

すみません嘘です。仲間に堪能な人がいて、交渉してもらいました。気をよく承諾していただき、数枚撮りました。綺麗な人でしょう。イタリアの方で、お母さんは元バレリーナで、大阪、東京、でも踊ったそうです。国際的に有名なボリショイ・バレー団の一員だったそうです。その後意気投合しビールで乾杯、全員で記念撮影、いい思い出になりました。Resize0306Resize0305 

午後からは、バトゥアン寺院とゴアガジャ遺跡、ガイドさん説明してくれたけど聞いてませんね。HALはおねぇちゃん探しに没頭してました。

Resize0301Resize0308Resize0307 夜は夜で、飲むほうに忙しい、ホテルのプールバーでワインを。。。蒸し暑かった日中も、夜となると心地よい浜風に、ほろ酔い気分。。最後は部屋で飲み直し、気が付けば午前様、寝る時間あらへんがな。。。 続きはまた次回ね。。。

両手に花で、HALはご機嫌だね。(* ̄ー ̄*)ニヤリッ  Resize0302

1月10日 今日もスコールの雨音で目が覚める。
今日は、アユン川でのラフティング。雨季の時期は水量も多く、エキサイティングらしい。
初めての経験に期待が膨らむ。。
ホテルより車で移動40分ぐらいだったか。
毎回思うが、細い道をバイクが列をなして追い抜いていく、よう事故起きないものだぁ~
バリでは、車の車検はないそうだ、違反切符も免許不携帯と信号無視以外ないそうです。
ようやく目的地に、胴衣とヘルメットを着用しインストラクターの後を、

ラフティングのスタート地点は、谷の底、ただひたすら、階段を300段じゃきかないやろ。降りたら膝ががくがく、漕ぐ前から疲れたわぁ~
説明を聞き、いざスタート いきなり2mぐらい落差のあるポイント、水はかぶるは、

ひっくりかえるは、スリリングで面白い。怖さは初めの一回だけ、さぁどっからでもかかってらっしゃい。。。
鬱蒼としたジャングルを、11kmの船下り、オールを漕ぐ手、肩が動かない.
大きなトカゲ発見、ジャングルだものトカゲぐらい居るよね。
若い現地の女性が裸で水浴、水着つけてませんでしたね。(* ̄ー ̄*)ニヤリッ
我々が通り過ぎるまで、隠してましたがね。。。カズノコさん写真みたい、
ごめんね、さすがのHALもカメラ向けられませんでしたから
激流あり、清流あり、1時間30分のアユン川下り、最初から最後まで、楽しく笑顔が絶えませんでした。Resize0311 Resize0312 Resize0310

岩肌に彫刻、こんなジャングルになんのために。。。

HALの後ろ姿、隣は長男君。。。

Resize0313

ラフティング楽しかったね。
ランチを済ませ、また階段、当然今度は上り150段ぐらいかな~疲れまっさ
どこ行ってもだけど、物売りがいっぱい、千円、千円 仲間が高いって言ったらTシャツ何だけど、1枚から7枚まで増えていったね。
ある人は、1000ルピアって言ってたなぁ、1000リピアは10円だよ。10円のもの売って生活できるのだろか。
昨年の11月の換金レートが1円ー85ルピアぐらい 円高の恩恵で1円112ルピアで換金してもらった。HALは特別高価なもの買わなかったけど、
女性は、バックとか、化粧品買ってたね。相当安いって言ってたね。
ホテル戻り、ショッピングに、ボーイにタクシーを手配。 距離じゃなく2時間26ドルで乗り放題、超過は1時間13ドル、4人で割れば千円、
お店を2軒周らせ、最後は日本食レストランでまたせ、リッチな気分、現地の人には、日本人はどう写ってるやろ。。

久しぶりの日本食、店内は日本色をだしてるつもりなんでしょうが、アジアン風
ビールから始まり、秋刀魚の塩焼き、だし巻き、枝豆、揚げ出し豆腐、てんぷら、いか刺し、イチリコ飲んで、閉めはうどん、安いとはいえ、1万円はかかったやろ。なななんと4人で500000ルピア 5000円ですよ。安いもんだぁ~

この日は女性を含む5人はジャワ島の世界遺産に朝4時半出発の帰りは夜の10時、合流には時間ある、今日もプールバーでワインを飲む、
この日は生演奏に女性ボーカル、昔のヒットナンバーが心地いい。。しばらくすると、スコールが、すぐやむと思っていたら、すごい雨、萱葺き風な屋根からは雨漏り、
雷はなり、一時間経ってもふりやまず、 酔いとラフティングの疲れで、先に就寝、長男君親に似ず酒飲み、5時間も飲んでいたらしいResize0314

日本風にしてるけど、アジアンふうな、レストランさくら

2009年1月13日 (火)

Sampai Jumpa Lagi

ただいま。。。。。

昨日、バリ島から生還いたしました。

天候には恵まれず、マリンスポーツ、気球は取りやめ、ちょっと悔いの残る旅でしたが、いろんな人と出会い、文化に触れ、楽しかったよ。

綺麗な女の人いたなぁ~イタリア人 可愛かったなぁ~今回はアップしませんがね。楽しみは後ですよ。。。おくちゃん、カズノコさん、それにアニさん。。。。

Resize0298

ホテルに咲いていた花

Resize0300

インド洋に沈むバリの夕陽

Resize0299 

ケチャダンス、バリ舞踊

楽しい旅の後に、旅の楽しさが吹っ飛んでしまうような出来事が待っていようとは、

帰りの高速で、追突事故、旅の疲れの居眠り運転、HALは助手席、シートベルトで助かりましたが、口の中を切り、軽い鞭打ち状態。 幸い、被害者の方も怪我無く、こちら4人も軽い打撲程度、不幸中の幸いでしたが。車の損傷ひどく、栗東からレッカーで移動。。。

本当はいっぱい報告したいのですが、そう長くパソコンに向かい合うことが出来ません。

コメント欄は開いて置きますが、コメント遅れるかも知れません。

体調戻り次第、いっぱいお土産話聞いてね。。。

Sampai Jumpa Lagiの意味はインドネシア語で、また会うときまで、だそうです。

2009年1月 3日 (土)

初撮り

Resize0297

初撮りです。ようやく3日目にして、お日様が顔を出したもので、

越前海岸のほうにドライブ、水仙を撮ってきました。

水仙ミュージアム付近、あまり咲いてませんでしたね。まだ早いのでしょうかね。

Resize0296

話は変わりましが、

キリ番20000が見えてきました。

日頃、お世話になっている人に感謝をこめて、19999,20000,20001番を踏んだ人に

HALからビックな超豪華な、粗品を3名さまに。。。。( ̄▼ ̄)ニヤッ

それから、8日より12日まで旅行に出ます。

行き先は、バリ島です。たぶんキリ番プレゼントは土産品になるかと思います。

ちょくら、楽しんできます。 土産話も聞いてね。♪(゚▽^*)ノ⌒☆